お知らせお知らせ

お知らせ

2024.01.14 コラム

集落営農-中谷農事組合法人の沿革

 

中谷農事組合法人は、兵庫県豊岡市中谷地区にある集落営農の農事組合です。この組合は、1987年に「中谷営農生産組合」として設立され、その後、1998年に法人化しました。この組合は、「一集落一農場」の方式を採用しており、地域全体で農地を共同管理し、生産活動を行っています。

この方式では、全ての農地が地域で作られた組織によって管理され、常勤で雇用された人々が経営、事務、管理の業務を担当します。令和5年現在での管理面積は82ヘクタール。

繁忙期には、村の住民が協力して作業を行います。特に環境への配慮を重視しており、減農薬や特別栽培米の生産に力を入れています。特に「六方銀米」というブランドのコシヒカリ米は、減農薬で栽培され、品質の高さで知られています。

また、この地区はコウノトリの生息地、農法が自然環境や生物多様性の保護に貢献していることから、地域全体で生物多様性の保全に取り組んでいます。そのため、中谷農事組合法人は、コウノトリと共生する農法を集落営農で実践しており、これが地域の環境保全だけでなく、安全で高品質な農産物の生産にも寄与しています。

ソース:
中谷農事組合法人 – 安全で美味しいお米を生産者から直接購入
なかのたにさわやか村|90%減農薬特別栽培米 – 中谷農事組合法人
[PDF] 中谷農事組合法人(兵庫県豊岡市)
[PDF] 豊岡市 – 兵庫県農業会議
[PDF] 【全国米麦改良協会会長賞】 集団の部 兵庫県豊岡市 中谷 農事組合
中谷農事組合法人 – バーチャル展示会Hyogo!
中谷農事組合法人 兵庫県豊岡市中谷133-1 – グリーンサイトライセンス

農業の将来を憂いた村の全農家が、全国でも先駆けて一つの集落で1人も欠けずにみんなで共同化を計画。専従オペレーターを雇用して、効率的に広い農地を守っていこうとする、ダイナミックな新農業創造に取り組んだのです。

今では全国でも農業法人はたくさんありますが、このようなことは、なかのたにだからできたことと今かんがえても誇りに思えることです。

 

1987-S62 任意団体 共同営農 中谷営農生産組合 設立
1988-S63 豊岡市中谷全ての圃場で一集落一農場の専従者方式の共同経営を開始
         新農業創造センター竣工 ライスセンター 育苗施設完備
         県営ほ場整備事業によりパイプライン方式95a~150aのほ場完成
         村のみんなで地域を守る土地利用型農業・環境保全型農業の実践
1993-H5   特別栽培米 六方銀米ブランド化
         平成5年度水田営農活性化優秀表彰 農林大臣賞受賞
1995-H7   平成7年度兵庫県農業実績発表大会 最優秀賞受賞
1998-H10 中谷農事組合法人設立 法人化 特定農業法人認定
1999-H11 農用地利用改善団体活動 兵庫県知事賞受賞
         優良農用地利用改善団体 農林水産省構造改善局長賞受賞


2003-H15 農産物検査機関登録 六方銀米 兵庫県ひょうご安心ブランド認定
         兵庫県豊岡市の認証 こうのとりの舞 農産物認定
2005-H17 台風23号 一級河川 豊岡市円山川決壊
2006-H18 コウノトリ育む農法 実践団体認定
2008-H20 限界打破事業 コウノトリ育む農法 大豆栽培開始
2009-H21 兵庫県 コウノトリ育む田んぼ認定 特別栽培小麦拡大


2010-H22 なかのたに草刈隊結成 白米色彩選別機導入
2011-H23 第60回全国農業コンクール全国大会出場 名誉賞 農林水産大臣賞
2012-H24 遠赤乾燥機3基更新/金属検出器導入
2013-H25 新灌漑システム フォアス導入 玄米色彩選別機導入
         多面的機能支払草刈DVD
2016-H28 中谷女性グループNJC 近畿農政局表彰 経営参画部門 優秀賞
2017-H29 兵庫県 功労賞(組合長)全国豆類経営改善共励会
         農林水産大臣賞 平成29年度日本農林漁業振興会会長賞受賞
2018-H30 事務所地 ラムサール条約湿地登録 円山川下流域・周辺水田


2020-R2   商標登録 六方銀米
2023-R5  全国麦共励会表彰
2023-R5  全国全国優良経営体表彰 現在中谷地区外の圃場を含む82haを管理

これからも村のみんなで力を合わせて中谷農事組合法人は頑張ってまいります。