なかのたにさわやか村のことなかのたにさわやか村のこと

いつも夢を語っていた。
そして、それが現実となった。

コウノトリ ストーク

村のみんなが一丸となり作り上げる、
人と自然が共生する「農業のかたち」
兵庫県北部の穀倉地帯、
豊岡市の六方(ろっぽう)平野の
中心部に位置する中谷(なかのたに)地区。
1987年、将来の農業のあり方を考え、
なかのたにの全農家33戸が全国でも希で
兵庫県下では初めての試みとなる一集落
一農場方式の集落営農「中谷生産組合」を結成。
コウノトリをマークに独自農法の減農薬栽培
コシヒカリ「六方銀米」を確立していきました。
体制が整った98年には、
中谷農事組合法人として法人化しました。

稲穂

一集落一農場方式は、
全ての農地を地域で作った組織で管理、生産するもの。
常勤で雇用する人が経営、事務、管理オペレーターをやり、
繁忙期には村のみんなで手伝います。
そうして私たちは手を取り合い、
あるべき自然の姿を追い求め、
心を込めてお米づくりと向き合い続けています。

豊岡市
鳥類の生態系の頂点
幸せをはこんでくると伝わるコウノトリ、
最後のすみか、豊岡で絶滅
第二次世界大戦後、日本の経済が高度成長するなかで
苗を田んぼに直接手で植える方法から機械で植える方法へと変化。
今では考えられないほどのたくさんの農薬使用の影響で
生態系が崩れ、居場所である環境を失い、
なかのたに近くを最後の生息地として
野生のコウノトリは姿を消しました—。
環境保全兵庫県県民局より
コウノトリ舞い降りる田んぼに認定
環境に優しいお米づくりの取り組みをする中で
毎日のようにコウノトリが舞い降りるようになったなかのたには、
兵庫県から「コウノトリ舞い降りる田んぼ」に認定されました。

六方銀米は現在では環境に配慮した独自農法で、
「兵庫県あんしんブランド」として認められ、
さらに、厳しい要件を課した豊岡市の
コウノトリの舞ブランドも六方銀米は認証を受けています。
  • 兵庫県/あんしんブランド 認証
  • 豊岡市/コウノトリの舞ブランド 認証
  • 「六方銀米」商標登録[第6263516号]

自然とともに生きるやさしい農業

生産者

野生の生き物、そして人が共存できる「あるべき自然」の姿を取り戻し、
農薬を可能な限り使用しない、やさしい農業に今後も取り組んでいきます。

Nakanotani villagerなかのたにのみんなで
  • 乾燥調整
  • 後継者
  • 看板娘
  • オペレーター
Nakanotani villagerなかのたにのみんなで

区切りのいい年に感謝祭を開催、収穫を喜ぶ催を地域のみんなで楽んだり、
地域の子どもたちの農業体験などを行っています。

集落農営
コウノトリ
代表あいさつ
組合長
経営理念

おいしくて、安心安全なお米をお届けしたい!

沢山穫れて手間のかからないお米作りなら、化学肥料を十分使い、強力な農薬を使えば出来るで しょう。でも、私たちはそんな お米を食べたくないし他の人にも食べてほしくない。ただそれだけにこだわってお米作りに励んでいます。吟味した有機肥料のみを使用して、猛暑の中でも草刈りを行い、 毎日田んぼを見に行って、稲の調子を診断しています。たくさんの量は穫れないけれど、おいしさと安全性には自信をもってお勧めできるお米です。 「カエルが鳴いて、トンボが飛び交い、コウノトリが舞い降りる」そんな昔から続く風景 を盛り繋げられるようにこれまでもこれからも一生懸命頑張ります。

組合長